Happy Clover*
 
Copyright © 2017 Happy Clover* , All rights reserved.
dayz放浪養教養教たまごNursingぶつぶつひとりごとたわごとheartmyselffavoritebooksmoviemusicsocietyadmin?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- / -- / -- (--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

認知症

NHK教育で放送されていた 認知症の番組を見ました
認知症の方を介護している方や介護未経験の方、そして視聴者(FAX利用)が、生放送で意見を交換し合うというもので、専門家も何人か
番組途中から見始めたものの、いろいろ考えさせられた というか感じました

認知症
昨年12月までは、痴呆やアルツハイマーと呼ばれていた疾患です

出演者の方の多くが、身内 御家族の介護経験について、いろいろお話されていました
私も看護学生の頃、病棟や施設での実習の際に、認知症の方とお話したり、関わらせていただいたことがあります、
がっ 所詮 たった数週間程度。ほんーの 本当に少しだけ。
四六時中 ずっと一緒に居る介護している方は 本当に大変なものなはずです
おそらく 本人にしかわからない辛さや言葉にならない気持ち… たくさんたくさんあるでしょう
正直、患者さんや 直接の介護者本人の複雑な思いを完全に理解することなんてきっと不可能なのでしょうけれど、
周りの人が、その思いを理解しようと 共に支えていこうという気持ち(行動が伴えば なお良し)が大切なのだと思います
難しいけど

番組を見ていて 気になったのが
認知症の高齢者が頻繁に行方不明になるという件
認知症の症状のひとつである徘徊によるものだそうです
行方不明者を少しでも減らすために、地域で様々な取り組みがなされ、捜索願の連絡が入ると、本人を探すために地域で情報収集を始めます
しかし、情報を聞き出すための地域の方への説明理解が難しいらしく
目撃情報が得られても一足遅れ
追いかけっこです
地域の方曰く、夜遅く高齢者の方が1人で歩いていても何とも思わず
なんとなく あれ?と思っても、スルー
そこで 一声かけていれば、何か違うかもしれないのですが、放置
結果、そのままどこかへ消えてしまい、数日後、山や川や他思わぬ場所で遺体で発見されることが少なくないそうです

ショックでした
人間関係の希薄化が浮き彫りになってるような そんな感じがします
知らない人に、簡単に声をかけられないご時世なのでしょうけど
そうして ぶつぶつ言ってる私も然り、です
おじいさん おばあさんが、その辺歩いてても、よっぽど様子おかしくなければ、何も思わず そのままスルーしてしまいます
いや それなりに様子おかしくない?と思っても何もしないかもしれません
そう思ったら、なんだか 情けなく 哀しくなってきました

司会者の
人間関係は、都会と地方で異なるのでは?
という問いに対して、専門家の
本質は今はどこも同じですよ。
という答を聞いて、あ~ そうなんだ。。 とさらに鬱凹

周りの人が支えていくことが大切! といっても、いきなりはきっと無理
もっと こつこつ地道に
「ひとり」「ひとり」の意識を少しずつ変えてくこと
それが結果的に、みんなで支えていく、ってことになるんだろうな

まず、認知症という疾患を知ること
これが一歩。
次に、認知症の症状のひとつである徘徊によって、行方不明 さらに亡くなってしまう方が少なくない、ということを知り、その事実を防ごう、という思いが生まれたなら
私達の ふと ちょっとした気づきや声かけで救われるかもしれない命があって
それを護ろう と思えたならば
これが もう一歩。

1人が2人に知らせれば
単純計算 2人から今度は4人に繋がっていく
そんな上手くいくかはわからないし
視野が広がっても、行動に移せるかどうか
そこで、きっとまた大きな壁にぶつかる

だけど
少なくとも ゼロよりは ちっちゃな おっきな一歩だ。
スポンサーサイト
2005 / 09 / 24 (土) 23:55 | societytrackback:0comment:0

中秋の名月 お月様

帰り道
ふっと空を見上げて見ることができた
中秋の名月と呼ばれる お月様。

本当 まんまるで
なんだか 神秘的で すいこまれそうで
切なくて 哀しくて 儚さ感じて
でもやっぱり凄く綺麗で
胸が きゅん ってしちゃいました

地球って 月って
宇宙って?

月に着陸しました!
って よく考えると いやよく考えなくても 本当すごい
ってかなんか スケール大きすぎて意味がわかりません
地球は四角く、世界の果てには化け物がいると信じられ、
世界一周なんてとんでもない という時代から、500年ちょっと
世界一周 なんてことなく、空飛んじゃいます
それどころか、宇宙にも行けちゃいます
って
今はまだ 宇宙に行く度、全世界にテレビ中継されるくらい大変なことだけど、
そう遠くない未来、宇宙になんてことなく行けちゃいます、なんて
軌道エレベーターとか
そんな未来が来るのかな
その前に
そんな未来は在るのかな

…暗っ
だって~
既に 月の土地とか売買してるんでしょ?
月って いつの間に 誰が誰のモノって決めたんですか
戦うの大好きな某大国ですか
月に誰も居なくて良かったよね
宇宙侵略戦争なんてことにならなくて
なんかもう どうしようもないな
話 飛びすぎ?

うわあ ああもう 暗い暗い!
ごめんなさい
なんだか最近愚痴っぽくてよろしくない

たのしく たのしく やさしくね
2005 / 09 / 18 (日) 23:44 | societytrackback:0comment:0

衆議院総選挙

選挙に行ってきました。
今回の投票 とても楽しみにしていたこともあり、気合入れて新聞や選挙公報を読みこんで臨みました。
小選挙区→比例代表の順に投票を終えて、最高裁判所裁判官の国民投票。
×つけるやつです
あー 不味い わかんない
最近の裁判の判決、全然見てないのに不可も何も。。
・・・いけませんね 反省。

結果について
自民 凄

与党 席多過ぎです
正直、郵政民営化の是非については、よくわかりません
どっちもどっち ぽくて
小泉首相も ここまでくると、郵政民営化が国にとってどうこうっていうより
歴代首相として自身の名が刻めるかどうか、そんな意地が感じられます

税金上がっちゃうよ?
小泉首相 独裁よ?
自民党 公明党 議員が総議員の2/3を占めているってことは、改憲時の国会の発議はほぼクリアです
この様子だと、またマスコミがあおるなり何なりすれば、
ちょっとしたきっかけ勢いで、国民投票も過半数超え…ないことを祈ります
憲法改正しちゃうの?
いつか 戦争始まっちゃうかもよ?

自民党の刺客やら何やらを 好感的にやたら報道していたマスコミの影響?
小泉マジック?
郵政民営化の是非について、国民に直接問う!
ほぼ それだけを熱く語っていた小泉首相
有権者は、そのわかりやすさと熱さに票をぶつけたのでしょうか
郵政民営化以外の行政 その他 外交、経済、改憲等、、
滅茶苦茶にしか見えないんですけど、放っておいていいんですか 小泉首相
他の政党も、何だか政策等 抽象的だったり、何となく消極的な感じがしたり
微妙といえば 微妙な気もしますけど
私的には 戦争肯定が臭う政党は…

一人ひとりが、郵政民営化だけに捉われず
過去・現在・未来の日本の状況を様々な視点から広い視野で捉え、自分なりに考えての投票の結果
ならば、仕方ないです
そりゃあ 私だって、まだまだわからないこと 知ったかが本当一杯
けれど、選挙公報の存在を知らなかったり
ふらっと選挙会場に行き、その場で何となく票を入れたり
選挙にすら行かなかったり
・・・
そんな 少し前の自分のような 話を聞くと、なんだかなあと
まあ 全て小泉さんの力、戦略といってしまえばそれまで
結果、自民の大勝だったわけですから

次の選挙まで、最長あと3年
その時、今日の この総選挙の結果が最良であった、となる可能性だってあるかもしれないけれど
うーん むう
どうなることやら。。

っと 偉そうに語ってしまいました。 すみません。。(小心)
2005 / 09 / 11 (日) 23:42 | societytrackback:0comment:0

国民新党

国民新党て
名前が「新」って
なんか聞いた感じ見た感じ 良さげ、とゆーかさわやか?
そこがクセ者な気がするのはあたしだけ?
…ひねくれすぎ?

でもでも~
なーんか世間で有名な政治家は、みーんな狸とか狐に思えてくるんです
猜疑心すっごい
だってー 絶対悪いこといっぱいしてるでしょー
じゃなきゃこんな偉く(表面的に)なれないと思うもん~
そんな世の中 ですよね?
…やっぱり ひねくれてますか?

まあなんだかんだ言ったって自分が政治家なれないんだから
誰かに委ねなくちゃいけないわけなんですけど
テレビでおそらく表面的なことしか言ってない人の本質をどう見抜けというのか
といって一票を無駄にするのはなあ
23としてどうよ

ってか 郵政決着着いた後
分裂したのがまたくっついたりしないでしょうね。。
で、憲法改正とか。。
んなわきゃあるか 馬鹿
んなわきゃないことを祈ります

うわあ 妄想 妄想

2005 / 08 / 17 (水) 19:49 | societytrackback:0comment:0

終戦記念日 60th.

終戦記念日。
第2次世界大戦
あの悲劇から 60年です

もう 60年でしょうか
たった 60年でしょうか
両方でしょうか

敗戦
その後、高度経済成長を経て、今や日本は世界の先進国です
安全保障理事会の常任理事国入りを迫る勢いです
その著しい戦後復興は奇跡だともいわれています
すごいこと

だって
たくさんの大切な人々の命を失って
アメリカの占領下で
今までの日本… 母国を否定されて
もう絶望ですよ
その精神状態で前を向くって
・・・
相当です
途方もない そんな 先の見えない未来の
何に希望を見出して
そして生きていたんだろう

なんていうか ものすっごい人の努力というか結晶
のはずなのに
たくさんの犠牲となってしまった命と
その後の人々の結晶と
それもこれもなんかこう霧の中 というか
遠くに葬り去られてる感がするのはなんなんでしょう

どうして6ヶ国協議とかやってるんですか?
あの国が、核 持つ持たないって、 …あなた。
自分は持ってても良くて、あいつは駄目!って
様々事情があるにしても、普通に矛盾ってやつですよね
小学生の喧嘩じゃないんだから
地球規模の全人類の問題を、どうしてそんな争い方をしてるんだろう
自分が 自国が、死ななきゃ 滅ばなきゃいいんですね
攻撃は最大の防御ってヤツか
誰だって あたしだって 自分は可愛い、 けど
そうして必死で自分を護って
何がしたい?
人間なんて中身は一緒
骨があって 肉がある
銃で 頭部あたりを撃たれれば、一瞬で命を落とす
本質だって皆同じで
皆 弱くて、皆 強い
それがどうして いつの間に 歪んでくるのだろう
なんだかなあ さみしいです
また そのうちおんなじことを繰り返すつもりなんですか?
ああ でも繰り返す前に地球がなくなりますね

たった 60年?
一世紀どころか、やっと半世紀ちょっと
ヒトは歴史から一体何を学ぶんだろう?

戦争で亡くなられたたくさんたくさんの人々に
心よりご冥福をお祈り申し上げます

 *

小泉さんについて。
靖国ね
行かなかったんですね~
「適切に判断します」の結果が、今回の見送りってことですか
臨機応変ですね 便利な言葉!
数ヶ月前までは 参拝する方向 示唆してましたよね?
それで アジア外交ガタガタじゃないですか
いや 参拝中止は正解でしょう おそらく
ってか
隣国への謝罪の気持ちを表すのはもちろんのこと、
日本国 首相としての、自覚とか責任とかがあるのなら 当然

ただ、なんていうか
ほら 衆院選挙前じゃないですか?
なんか汚いっつーか 気に入らないの
小泉さん

ってエラそう 笑
ごめんなさい 政治のことよくわかんないですけど(小心)
なんか
あ~あ って
2005 / 08 / 15 (月) 23:10 | societytrackback:0comment:0

憲法改正案について物申す

長いです

終戦記念日を目の前にして、憲法改正案が条文化されましたね

新9条の内容を見て、普通にありえないと思いました。
>「隊」から「軍」 って
 …何故?
>自衛軍の統制は内閣総理大臣の指揮監督に服する って
 …独裁?
>自衛軍の活動について国会の承認
 …正直なところ、今の国会にまかせるのは無理です。
そして、94条
>憲法改正手続きの軟性化 って
 …次の改正は軍強化ですか?

軍事裁判所にしても…
反発したい点だらけです

しかし、新聞を読んでいると、ジャーナリストの方々は改憲案に反対どころか、肯定的な方が多いのに驚きました。
9条2項は消して当然 とか。
あたしがモノ知らずで表面的な視点でモノを捉えすぎなのかなあ
確かに、まだまだ難しいことは難しいし、わからないし、青いけれど、
意味もなく 人が死ぬのは、どうしたって嫌

あたしは 人が好きです。
人の命が、無駄に失われるということは耐え難いです。

「動物だって共食いするじゃん それと一緒でしょ」
という意見があります
そりゃあ この先食料がなくなったときにそれを言われると反論しづらい

でも、今 少なくともこの状況では 共食いとは違う
血にも肉にもならない
ただ 消えて 消されていくだけ

もちろん、
日本国憲法には、平和主義って世界に誇れる原則が在り、
9条にもそれが明確に示されてはあります。
戦争反対の国民もとっても多い。
ですから、自衛軍の存在を明記したとしても、そう簡単に何かが起こるわけではない 起こすようなこともできない… のじゃないかとは思います。
ですが、名目上 自衛のためであれば、日本も軍活動が可能となり、
憲法で身動き取りにくかったはずのものが、いとも簡単に動けるようになる
危険の可能性が拡がってしまった、
ということ
それが こわいです。

例え 自衛という名の下であっても、軍は軍
「軍」が、国内 そして海外において活動すること
どんな理由であれ、武力を行使することがあれば、それは自衛ではなく侵略。
正当化してるだけ

そもそも 自衛とか侵略とか言ってるけど、戦争に自衛も侵略もないでしょう?
「物事」の是非を武力でどうこうしようとすること
そのことが問題
そして、「物事」の中身なんて名誉とか権力とかそんなもの。
名誉や権力等の素晴らしさなんて全くわからないけれど、
どちらにしても、その 名誉や権力という存在が、世界を滅ぼすかもしれない争いの原因となるのであれば、
明らかに大したものではないよね

背景にある 関係のない 数多もの人にどうして目が向けられないのだろう
いや 目は向けているのかもしれない
見て 見えていながら 見ていないフリ?

戦時中、
戦死は名誉なことだ、って豪語するお偉いさんがいたんですよね。
これから先、いつかそんなことを口にする人が出てくるのでしょうか
それとも、すでに こっそり呟いているお偉いさんがいたりするんでしょうか
それじゃあ あなたがご家族連れて戦地に行ってきてください。
あなたが求めるものが手に入るじゃあないですか

何かをするときには、少なからず 責任っていうものが伴うはずで、
それはちょっとした発言、そういうものでも。
自由と権利と責任と義務といったものが紙一重…
というか
自由及び権利には責任及び義務が伴う
そう 新憲法草案に記されているんですが、
だとすると、もちろん憲法改正も然り ですよね。
改憲によって、この先 多くの人々の命が失われたときに 一体誰が責任を取るのでしょうか
責任の擦り付け合いが行われるのでしょうか
いや まあ 首相でも 改憲を発議した国会でもなく
改憲時、国民投票で賛同した国民
ってことになるんでしょうけど
理論的にはそうだもんね

世の中の全てのことには意味がある、
無駄なことなどひとつもない、という。
それならば、
戦争は?戦争も?
何かを解決しようとするための手段のひとつだから?
終戦後、歴史として残り、学ぶことがあるから?
どちらにしても、
戦争によって、何にもしていない 普通に生活しているだけの人の命が失われることに、やっぱり意味なんてないよ

日本は終わりだなあ と切に思いました。
つーか世界か
アメリカどうにかしないと無理ですね

どうして国なんてものが存在するんだろう
おんなじ人間なのに
言葉が違うこと 文化が違うこと
それも少し不思議だったりするけれど、
それらの交流はとっても素晴らしいこと
それなのに どうして争うの?

一人ひとりが違って当たり前。
誰かが誰かを抑えようとするから争いが起こるのであれば、
人間で在る限り、争いがなくなることはないのだろうね。
自分以外の誰かが居ることで 比べてしまう世の中だから
というか人間の心理なのかな
あたしだってそうだもん
だけど、誰でも人を思いやる気持ちはもっているでしょ
家族が 大切な人が、傷つくこと 失われることがツライのは同じでしょ
悲しすぎるよ

戦争する日本は見たくない
歴史って何のためにあるのかな
同じ過ちは繰り返さない、
ってそんなこと
小学生でも知ってること。

誰かが言った言葉
「第3次世界大戦は起こり得るが、第4次世界大戦は無い」
真実でしょう

思ったことをつれづれていたら、すんごい長くなってしまいました
長々と読んでくださり、ありがとうございました。
2005 / 08 / 02 (火) 23:38 | societytrackback:0comment:7

真面目なお話。

前略
関東にお住まいの皆様。
そちらの気候はいかがでしょうか。
こちらはなんか夏です
風があるのと、湿度がそこまで高くないのが救いですが、
気温は30℃弱。
暑いです。
ノースリーブの気候ですが、焼けるのが嫌で7分袖以上をキープ。

夏がやってきました。

 *

帰ってきてテレビつけたらサッカーやってて
あーそっか 今日だ!
15分くらい観れたっ よかった
日本おめでとう☆


W杯出場が当たり前のようになってきたのはうれしいけれど
なんだかぴりぴり殺伐とした試合だなあ と感じてしまったことがとても悲しい

外交がうまくいかないことで、スポーツにまで影響が出てしまっている
日本とアジアと。
この現状、どうなっていくのだろう どうしたらいいのだろう

あちらにも日本にも言い分がある
どちらも腑に落ちない屁理屈とか言い訳ばかりに聞こえてしまったり
大きな国単位、大きなテーマで、まるで子どものような喧嘩をしているような気もする
・・・
のだけれど
いろいろ大変なこともあるのでしょうか

日本の この国の代表を選んだのは国民です
投票行っても適当に丸つけてたりで、真面目に選挙してない
選挙にすら行かないこともある
そんなあたしです

それで文句ばっかり言ってるのはどうだろう ですね
まず政治やらに興味関心もって、民主主義 国民主権の国の国民としての自覚をしっかり持たなくちゃあいけない
もう23なんだから
それからだ

1億3000万分1の、あたしができることってなんだろう

2005 / 06 / 08 (水) 23:30 | societytrackback:0comment:0

あたしにできること…

新潟中越地震。

その時、あたしは7時の約束に間に合うように準備をはじめたところだったと思う。
家で、あー地震。ちょっと大きく揺れた?震度どんなもん?
っと思って何気なくテレビをつけた。
テレビ画面の上にぴんぽーん!っと表示された白い文字を読むと、
「北陸で地震がありました。震度6強・新潟」
待って待って。待て待て!震度6、強?
こないだ防災センターで体験したあの揺れ。
確か関東大震災を再現したもので、震度6って言ってた。
ってことは震度6強って相当大きいんじゃないの?
っと思っていたらやっぱり大変なことになりましたね。。

今年は台風が日本列島に異常な数が上陸して、たくさんの被害を引き起こして。
その爪跡が全然癒えていないうちに、今度は地震?

天災。
誰が悪いわけでもなくて、でもそれで亡くなった方やけがを負った方。
誰に何に怒りをぶつければいいのだろう。

こうしてなにか特別なことが起きて、いつもの生活が失われてはじめて、今までの平凡普通と思っていた生活がどんなに幸せだったか、気づくんだ。
屋根と壁のある帰る家、自分の落ち着ける場所があること。
蛇口をひねれば、いつでも飲むことのできる水が出てくること。
疲れて帰ってきた後のお風呂、汗をかいた後であれば、気持ちよく体を洗えるシャワーに使える温かいお湯だって出てくる。
夜になって太陽が姿を消した暗い場所でも、スイッチを入れれば明るく電気がつくこと。
暑ければ扇風機、寒ければこたつ。もしくはエアコンがあること。
お腹すいたり、喉が渇いたりしてしまったら、コンビニやスーパーに行けばそれを満たしてくれるものが売ってる。
誰かと連絡がとりたかったらいつだってすぐにつながる。
そんなあたし達の日常。いわば当たり前のこと。
でもそんな当たり前のこと…だからこそ、それが失われてしまった時に、本当に困るということを忘れてしまっていた。
ひとって贅沢だ。あることが満たされれば、次の何かが欲しくなる。
そうすると、多くは以前に満たされていなかった頃のことを滑稽にもすっかりさっぱり忘れてしまう。
…なんか話がずれてきた。
当たり前のことの大切さを認識して、感謝して。。
そんな意識づけ、そして突然の天災を迎え撃つ心構えと準備をして、少しでも自分の当たり前で平凡な生活、だけど一番大切なものを守る必要があるのかな。

あたしは新潟の被災者の方に、なにができるんだろう。

2004 / 10 / 25 (月) 21:39 | societytrackback:0comment:0

042017 / 0506

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




最近の記事


ARCHIVES


最近のコメント

最近のトラックバック

LINX



* * *
Designed By... ASIA SEASON


  Powered By FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。