Happy Clover*
 
Copyright © 2017 Happy Clover* , All rights reserved.
dayz放浪養教養教たまごNursingぶつぶつひとりごとたわごとheartmyselffavoritebooksmoviemusicsocietyadmin?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- / -- / -- (--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子ども。

出先のカフェにあった プレイルームという名のちっちゃい子の遊び場。
ちびっ子がひとりでぽつりん。
御両親が隣の席で まったりコーヒーを飲みながら見守っている中、
ちびっ子 からだの1/4くらいある まあるっこい頭をふらふらさせて よろよろ歩きながら 遊んでいました
そんな 何気ない姿に、ものすごくほっとしている自分がいました
人生について? みたいな暗い話をしてたから 笑、特に

正直、あたしは教師を志望する者として、子どもに対する 興味・関心・熱意が足りなかったんです
もちろん 嫌いじゃなくて、憎たらしかったりすることもあるけれど 笑
それも含めて 心から かわいくて愛しいと思うものの
子どものために一生の仕事を捧げる!
という程の強い思いはありませんでした
それでも 常に子どもと関わっていく教師という職業を選んだのは、
子どもが好きという以上に、学校が好きだから でした ・・・自分のためっ。。
だから、教採の時も 子ども観を突っ込まれると弱い
大事なとこなのに。

だけど、最近 子どもの存在の大きさを感じます
未来を担っていく 本当に大切な存在
時の流れとともに、子どもを客観的に見るようになってしまった人へ
たくさんのかけがえのないモノを提供してくれます

子どもを
未来を
支えていくために?

イマ
そして、いつか 養護教諭として子どもに関わることができたとき
あたしは どんなことができるのかな。
スポンサーサイト

2005 / 09 / 13 (火) 23:20 | 養教たまごtrackback:0comment:0


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://pumirablog.blog3.fc2.com/tb.php/192-306f3250

052017 / 0607

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




最近の記事


ARCHIVES


最近のコメント

最近のトラックバック

LINX



* * *
Designed By... ASIA SEASON


  Powered By FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。